はじめての家づくりに役立つコラム はじめての家づくりに役立つコラム

【注文住宅とは?】注文住宅のメリット3選

家づくりコラム

2021.06.21

こんにちは!アキュラホームつくば支店です。
住宅購入を検討していると、注文住宅や建売住宅など様々な言葉が出てきますよね。
注文住宅と建売住宅で見た感じは同じなのに、何が違うのか不思議ですよね。
戸建て住宅の他にも、マンションや中古住宅と迷われるお客様も多いです。

そこでこの記事では、そもそも注文住宅とは何かをお伝えしたうえで、注文住宅のメリットをご紹介します。

この記事を読めば、自分には注文住宅が合っているのかが分かるようになります。

「住宅購入で失敗したくない!」そんなご家族はぜひ最後まで読んでみてください。

そもそも注文住宅とは?

自分好みに注文できる住宅

注文住宅とは、自分好みに注文できる住宅のことです。
注文住宅は、注文があってから作り始めるため、どんな仕様にするか、どんな内装や外装にするかなど、すべて自分好みにできます。
どこに建てるか土地も自分で決定でき、いくらの家を建てるかも自分で決めることができます。

注文住宅に対して建売住宅は、既に建ててあるものを購入します。
そのため、建売住宅は完全に自分好みというわけにはいきませんが、買ってからすぐに住み始めることができます。

建売住宅は、住宅メーカーも売れなければ困ってしまうため、あまりにも特徴的な商品は作ることができません。
そのため、万人受けするような、ありがちな住宅が多く、こだわりの強いお客様には建売住宅はお勧めできません。
ただし注文住宅と比べて多少金額は安いため、希望通りの立地であったり、こだわりの少ないお客様には建売住宅はお勧めです。

 

注文住宅のメリット3選

注文住宅のメリットの一つ目は「自由度の高い家を作れる」です。
注文住宅にはすべて自分で決められるフルオーダーと、決められた中で自分好みにカスタマイズできるセミオーダーの2種類があります。
どちらも自由度が高く、自分好みの住宅を作ることができます。
建売住宅やマンション、中古住宅はもともと決まっている間取りや仕様で住む必要があるため、自分のこだわりは反映できません。
せっかくの人生一度の高価なお買い物なので注文住宅を建てたいお客様は多いです。

注文住宅のメリットの二つ目は「自分たちだけの資産になる」です。
注文住宅は賃貸とは異なり、住宅ローンを支払い終えると自分たちだけの資産になります。
またマンションとも違い、自分たちのためだけに作られた一点モノになります。
現在はもし身体に何かあって住宅ローンの返済が不可能になってしまっても、返済が免除される団体信用生命保険という保険もあります。
住宅購入時には、団体信用生命保険には加入が義務づけられているため、万が一の心配もありません。

注文住宅のメリットの三つ目は「建築過程を見ることができる」です。
建売住宅の場合は既に建っているため、壁内部の断熱材や基礎工事などの過程を見ることができません。
そのため、自分が今後何十年も住む住宅が、どのような内部構造で、どのように作られたかが分かりません。
あくまでも気分の問題ですが、せっかく何千万円も支払って購入する新築住宅の建築過程を見たいというお客様は多いです。

いかがだったでしょうか。
今回は注文住宅のメリットをご紹介しました。

注文住宅か建売住宅か、お客様の価値観や状況によってどちらが良いかは変わってくるため、しっかりと検討してみてくださいね。

アキュラホームつくば支店では、守谷・土浦・柏の葉・つくばエリアで注文住宅をご提案しています。
守谷・土浦・つくば・柏の葉エリアでのお家づくりはアキュラホームつくば支店にお任せください!

 

このコラムをシェアする

Sharing this !