はじめての家づくりに役立つコラム はじめての家づくりに役立つコラム

【中古住宅VS新築住宅】中古住宅のメリットとデメリット

家づくりコラム

2021.06.28

こんにちは!アキュラホームつくば支店です。
住宅購入を検討していると、中古住宅にするか新築住宅にするか迷いますよね。
価格は中古住宅の方が安いし、見た感じ綺麗。だけど、他人の使った水回りがどうしても気になる。
このようなお客様がよくいらっしゃいます。

そこでこの記事では、中古住宅のメリットとデメリットをご紹介します。

この記事を読めば、自分には中古住宅が合っているのか、新築住宅が合っているのかが分かるようになります。

「中古住宅購入で失敗したくない!」そんなご家族はぜひ最後まで読んでみてください。

中古住宅のメリット2つ

中古住宅のメリットの一つ目は「新築住宅と比べて価格が安い」です。
中古住宅は、新築住宅と比べて価格はかなり落ちています。
そのため、資金に余裕がなくてどうしても一戸建てに住みたい方は中古住宅を選ばれる場合が多いです。

中古住宅のメリットの二つ目は「すぐに住み始められる」です。
中古住宅は新築注文住宅とは違い、購入して少し手続きをするとすぐに住み始めることができます。
建売住宅も同様に購入後すぐに住み始めることができますが、中古住宅は建売住宅よりも価格が安い場合がほとんどです。
そのため、資金に余裕をもって購入したい方は中古住宅を選ぶことが多いです。

 

中古住宅のデメリット4つ

中古住宅のデメリットの一つ目は「誰がどんな理由で手放したかが分からない」です。
中古住宅は以前住んでいた人の顔や事情が分かりません。
もしかしたら離婚など、なにかネガティブな要因があったのかもしれません。
それでも気にしないという方は大丈夫ですが、もしネガティブな理由だった場合は縁起が悪いため、中古住宅を避ける方もいらっしゃいます。

中古住宅のデメリットの二つ目は「水回りがどうしても気になる場合がある」です。
中古住宅は築年数がそれほど経っていなくて、見た感じはきれいでも、水回りは意外と使用感が残っていたりします。
ポータルサイトなどの写真では分かりにくいですが、実際に内覧に行ってガッカリされる方も多いです。
そのため、中古住宅は必ず内覧に行くことをお勧めします。

中古住宅のデメリットの三つ目は「構造など耐震性が脆い可能性がある」です。
例え表面上の見た目が綺麗でも、壁の中はどうなっているかは分かりません。
どのような造りになっているのか、どんな断熱材を使っていて、現状はどうなっているのかが外からは見えません。
そのため、耐震性や断熱性など家の中に不安要素が残ってしまいます。

中古住宅のデメリットの四つ目は「自分好みの間取り/立地にできない」です。
中古住宅は新築注文住宅とは異なり、実際にある物件からしか選べません。
そのため、間取りも土地も自分で決めることができません。
あまりこだわりがない方は大丈夫ですが、人生の大半を過ごす家は、自分でしっかりと決めたいという方が多いのが現状です。

いかがだったでしょうか。
今回は中古住宅のメリットとデメリットをご紹介しました。

中古住宅は安くて、すぐに住めることがメリットですが、デメリットも多く存在します。
中古住宅は自分の予算と相談しながら検討しましょう。

アキュラホームつくば支店では、守谷・土浦・柏の葉・つくばエリアで注文住宅をご提案しています。
守谷・土浦・つくば・柏の葉エリアでのお家づくりはアキュラホームつくば支店にお任せください!

 

このコラムをシェアする

Sharing this !