増税後に家を建てることのメリット②

みなさまこんにちは~☆

 

前回は、増税後の住宅取得支援策の1つとして

「すまい給付金」の拡充についてお話しました。

 

今回は、「住宅ローン控除」についてと

「贈与税の非課税制度の拡充」についてお話します!

 

 

「住宅ローン控除」について・・・

住宅ローン控除とは、住宅の為のローン残高に応じて、所得税もしくは住民税が控除される制度です。

消費税率8%から10%への引き上げに伴い、ローン減税の控除期間を10年間から13年間に延長しました。

 

その他、控除を受けられる要件や期限などはお客様により異なりますが、

ご収入額や、借入額、借入年数などで簡単なシミュレーションをお出しすることも可能です。

自分はいくら控除が受けられるんだろう・・・と思った方は、

お気軽にお近くの展示場スタッフにお声掛け下さいね☆ 

 

 

続いては

「贈与税の非課税制度の拡充」について・・・

 

通常、人から財産を貰う場合には、

1年間で110万円以内であれば大丈夫ですが、

それ以上だと贈与税がかかります。

ただし、住宅取得のために父母や祖父母など、

直系尊属からの贈与においては、一定要件をみたす場合、

一定の金額は非課税になります。

 

消費税8%の住宅の場合、

最大非課税枠は1,200万円まででしたので、

基礎控除額の110万円を合わせて、

1,310万円までが贈与税がかからないことになります。

(一定基準を満たす住宅の場合)

 

消費税10%の住宅の場合だと、

なんと最大非課税枠が3,000万円までに拡充になります。

つまり、基礎控除額の110万円を合わせた

3,110万円が贈与を受けても非課税ということになります。

(一定基準を満たす住宅の場合)

 

 

もし、親族の方からのご援助が見込めそうな場合、この時期に建築した方が

かなりのお得になる!ということになります。

 

ただし、この制度に関しても、契約期間や、入居期間が定められておりますので、

詳細はしっかりご確認下さい。

 

 

次回は、「次世代住宅ポイント」についてお知らせしますね~!!

では!

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP