「自分たちの好みを存分に反映させたい!」
こだわりを隅々まで取り入れた注文住宅
茨城県 J様邸

 ご夫婦とお子様2人の4人家族。
 お子様が大きくなり、それまで住んでいた社宅が手狭になってきたこともあり、家づくりを決断。

 アキュラホームとの出会いは、友人のお宅。
 「デザインの良さに魅かれ、展示場に足を運んだ時に一目ぼれしました」(ご主人)。

 特に、デザインやインテリアが好きだというご主人に、家づくりのこだわりを伺うと、
 「周りの人と同じような家はイヤ。好みや個性を思う存分、反映させたかった。だから内観は少し変わってます(笑)」。


[土地探しからのスタート]

 J様の家づくりは、土地探しからのスタート。
 アキュラホームの営業担当がお手伝いさせていただきました。

「他のハウスメーカーさんで土地探しをしてくれるところはほとんどなかったです。アキュラホームさんは3つくらい候補地を探してくれました。公園や小学校も近く、いい土地が見つかって助かりました」(奥様)

 ブラックを基調としたシンプルな外観。
 前庭は芝生を植えるか、どうするか、これから考えるそうです。

 1階には、リビング、ダイニング。
 そして、一番のこだわりである土間キッチンが広がります。
 木のぬくもりと、シンプルモダンな家具や内装が見事に調和しています。
 
 床は足触りがよく、とても快適。
 「床材には桜の木を貼ってもらいました。トイレ以外は、洗面所も含めて桜です。床材の幅は広いものが流行っているので、あえて普通の幅にしました」(ご主人)


[土間キッチン]

 家づくりで一番こだわったという土間キッチン。

 「アキュラホームさんの展示場で、土間から隣の和室に入れるような形になっていたのがすごくいい感じで、ぜひ我が家にも取り入れたいと思いました。
 最初は入口を土間にしようかと話していましたが、思い切っていつも使うキッチンに採用しました」(奥様)

 「ただ、ギリギリまで床暖房を入れるか迷ったんです。でも、断熱材がしっかりしているせいか、まったく冷たく感じませんね」(奥様)

 食器棚やパントリーは写真右側の壁に整然と配置されており、キッチン周りはとてもすっきりとした印象。
 ダイニングテーブルの脇にあるタイル張りの腰壁が、空間にアクセントを添えています。
 
 「タイルをどこかに使いたかったんです。よくある対面キッチンだと貼っても目立たないなと思って、思い切って壁にして、気に入ったタイルを貼ってもらいました」(ご主人)
 リビングの延長としても過ごせるスペースはご家族のお気に入りです。

[和室]

 リビングから連なる四畳半の和室。

 「最近は畳を敬遠する方が多いかもしれませんが、僕はやっぱり畳の部屋が欲しくて…」(ご主人)
 「一階に客間としても使える部屋があったらいいな、と。フローリングにするよりメリハリがきいて、いい感じだと思います」(奥様)
 
 二色のシェードカーテンは奥様のお気に入り。空間全体からお客様に寛いでもらいたいという想いが伝わってきます。


[ハーフ高の吹き抜け]

 階段横は0.5階分、天井が高くなっています。

 完全な吹き抜けにしてしまうと、上の階に部屋が作れないので、このスタイルに落ち着いたそうです。
 一角だけが高くなっているだけでも、空間の開放感を感じることができます。


[アイアンの手すり]

こちらの手すりはご主人のこだわり。

木のぬくもりを大切にしつつも、「どこかにアイアンを付けたかった」
重厚かつ変化に富んだ質感が、存在感を醸し出しています。


[スキップフロア]

 半階分、天井を高くしたその上がこのスペース。
 庭もあるためベランダをあえて設けず、この空間を物干しスペースとして活用しています。

 天井クロスに木目を選ばれたのも、お二人のセンスを感じます。


[主寝室]

 ワインレッドのアクセントクロスが印象的な主寝室。
 クロスは、和紙のような質感で、とても高級感があります。

 壁には、ピクチャーレールが取り付けられており、お子様の絵画作品が飾ってありました。
 可動式のスポットライトには、調光機能もついています。
 

[子ども部屋]

 小学生になったばかりの下のお子様のお部屋は、
ブルー系のアクセントクロスをあしらった壁から柔らかな外光が差し込み、軽やかで洗練された印象です。

 アキュラホームオリジナルのドアは、ドア上部の下がり壁の部分が開閉式になっており、「ドアをしめても家族の気配を感じられるので、子どもも安心だと思います」(奥様)

[ご主人スペース/小屋裏]

建物の最上階にある5.5畳の空間は、ご主人の遊び場。
この隠れ家のようなスペースでのんびりテレビを見たり、ゲームをしたりするそうです。

大きなブラインドは、アキュラホームのカーテンフェアで採用いただきました。
ボーダーが上下にスライドすることで開閉できるタイプです。
「昼間はほどよく外が見えるし、夜はクローズできます。市販のブラインドもいろいろな種類がありますが、同じではつまんないなあと思っていた時に見つけました」(ご主人)

最後に、家づくりの印象をお二人にお聞きしました。

「こだわりはほぼ反映できたと思います。家を作るのは楽しかったですね。これから庭も作るし、まだまだ楽しみが広がっています」(ご主人)
「アキュラホームの皆さんは人柄もよくて、安心して要望を伝えることができました。子どもたちはもちろん、実家の両親も『いい家になったね』ととても気に入ってくれています」

 

 

PAGE TOP